キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃の依頼までと作業の流れ : 特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃の依頼までと作業の流れ

特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃よくばり情報館メインimage
特殊清掃業者の作業は消毒から入り、汚染物の撤去へ。作業料金は後払いの業者がお勧めです。
特殊清掃の依頼までと作業の流れ

特殊清掃業者の特殊清掃サービスに注目が集まっていますが、実際に業者に依頼する場合、どの様な手順で依頼をするのでしょうか?

孤独死の現場であった場合、どんな原因で亡くなったかということがわからないため、事件の可能性がないかということを調べるために、警察による検死が入ります。

よって、遺体を見つけた場合は110番する必要があり、警察が来て、検死が終わるまでその部屋に立ち入ることはできません。

特殊清掃業者に連絡するにはこの警察の検死が入っている時でも大丈夫です。

24時間対応しているところが多いので、夜中でも連絡をすることができます。

この際に連絡する事項は死後何日くらい経過しているか、死因、病歴、部屋の状況や間取り、電気や水道を使用することができるか、また賃貸物件の場合作業をいつまでできるかなどわかっている範囲で伝えます。

当日、もしくは後日スタッフが現場にて詳細の確認をし、見積もりが出されます。

この際に複数の業者に依頼しても問題ありません。

実際には見積もりをみて検討してからの依頼となりますので、複数業者への見積もりをして、作業内容や実際の特殊清掃の手順は、まずはウィルスや細菌による感染症を防ぐために、消毒作業となります。

また、周囲に死臭が広がっている様な場合はただちに消臭作業が行われます。

業者によってはすぐに来て消臭作業を行ってくれるところもあります。

次に遺体があった箇所の清掃と汚染物の撤去となります。

血液や体液の除去、場合によっては床材や壁紙の撤去などを行います。

撤去後にクリーニングをし、最後、除菌と消臭をして完了。

遺品などの整理が必要な場合は、この時点で行います。

供養が必要なものなどは別途サービスを利用することができます。

原状回復にリフォームが必要な場合はこの後の作業となり、リフォーム後、すぐに新しい人が入居できる様にクリーニングを行います。

全ての作業が完了した時点で、最終チェックとなります。

臭いが残っているないか、汚れが残っていないかなどの確認を業者とし、問題がある場合は、その場で作業のやり直しをしてもらう様にしましょう。

特殊清掃の作業料金については、全額後払い、一部前金ありなど、業者によって異なります。

特殊清掃業者の作業のレベルがわからないので、できれば、後払いの業者を選ぶといいでしょう。

見積もりについては、具体的に書かれているか、「10000円から」の様な曖昧な表現の場合は、作業後請求代が高くなる可能性もあるので、事前にきちんと確認しておく様にしましょう。