キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃業者と行政書士事務所 : 特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃業者と行政書士事務所

特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃よくばり情報館メインimage
行政書士事務所に特殊清掃を依頼した際の専門業者との違いは、相続や法律に関するトラブルなどにも対応してもらえることです。
特殊清掃業者と行政書士事務所

孤独死の現場など汚れや臭いによって一般的な清掃では間に合わないという様な場合、特殊清掃ができるところに依頼することにります。

今は特殊清掃についても注目される様になり、業者が増えていることから、各地域で依頼には困らないことでしょう。

しかし、この特殊清掃について、実は行政書士事務所でも請け負っているというのをご存知でしょうか?

行政書士事務所では、遺品整理、手続等書類の作成、特殊清掃を一手に引き受けている遺品整理を専門にしている様な事務所があります。

最近では遺品整理や特殊清掃の専門業者というのが増えているのですが、こういった業者と行政書士事務所へ依頼するのではどういう違いがあるのでしょうか?

行政書士事務所の場合、資格的に最も大きな違いは、相続に関する問題にタッチできることです。

どちらかといえば、相続などの問題プラス遺品整理や特殊清掃のサービスを提供していると考えるといいでしょう。

腐乱死体となって発見され、死臭や消毒などの事件現場の原状回復のための費用や損害賠償を請求されるということもあり、相続放棄を考える遺族の方も少なくありません。

単なる整理や清掃だけではない場合にはすべてをトータルでお任せできるので、ことがスムーズに運び、とても便利だと思います。

また、特殊清掃が必要になる様なケースでは大家さんやご近所の方とのトラブルが発生する様なケースも少なくなく、行政書士にお任せすることで法律的な問題解決も安心してお任せすることができるという大きなメリットがあります。

行政書士事務所と特殊清掃業者でできる特殊清掃の処理方法や作業料金というのはほぼ変わりはないといっていいでしょう。

行政書士事務所にどういう人が依頼するのかといえば、身寄りのない人や親族と疎遠になっている人などが、自分の亡くなった後の様々な手続等を任せる人がいないという場合です。

亡くなった後に自分の葬儀や遺品のこと、相続のこと、各種契約の解除など、しなくてはならないことがたくさんあります。

自分にもしものことがあった場合に頼るべきところとして行政書士事務所がその様なトータルサービスを行っているのです。

トータルで依頼することによって、料金はその分嵩みますが、行政書士事務所に生前に依頼することで、生前の見守りサービスなども含まれているので、孤独死で特殊清掃が必要になるという様な心配もなくなります。

高齢化の進む日本では高齢者の親が遠くに住んでいるときなどにも心強い味方とも考えられます。

【NPO法人Wall Less Japan URL:http://wallless.jp/kodokusi.html