キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ペットに必要な特殊清掃 : 特殊清掃よくばり情報館

ペットに必要な特殊清掃

特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃よくばり情報館メインimage
消臭の難しい犬や猫のペット臭は特殊清掃業者によって、専用の洗剤や機器を使用して清掃してもらうことができます。
ペットに必要な特殊清掃

ペットブームといって良いほど、日本ではペットを飼っているご家庭が増えています。

ペットを子供同様に可愛がり、食事や服などにこだわりを持っていたり、最近ではペットと一緒にいけるカフェが増えていたりと、ペットとの関わりがより深くなっていると感じられます。

そんなペットについて、特殊清掃業者ではペットに関わるサービスも提供しています。

そのサービスとはどの様なものなのでしょうか?

ペットと言えば、飼っている本人においては生活臭となっているので特に気になることはないと思っている方が多い様ですが、実は動物臭は意外と一般的な消臭剤では取り除くことができず、来客や近所の方にしてみると臭いと感じている場合もあります。

室内で犬や猫などを飼っている人が増えてきているのでペット可の賃貸物件も多くなってはいるものの、臭いによるご近所とのトラブルがあったり、退居する際には臭いを取り除くための費用を請求されるということも多くあります。

見た目にはきれいであっても、消臭して原状回復をするということです。

犬をペットにしている人も多い日本ですが、ここ何年かは猫ブームとなっていて、猫人気がかなり高まっています。

猫の場合は、また犬とは異なる糞尿の臭いがきついので、ちょっとしたトラブルも少なくありません。

特殊清掃業者では、猫屋敷となっていた現場の消臭、消毒などを請け負うことがよくあるそうです。

猫屋敷の様にたくさんの猫を飼っていた場合、猫臭はオゾン脱臭器機のみでは消臭ができず、猫専用の消臭洗浄剤を使用したり、糞尿の汚れを何度も吹き上げをするなどの手間がかかります。

猫屋敷の特殊清掃においては、壁紙をはがしたり、天井裏までの消臭が必要になる場合もあり、1日がかりの清掃で30万円を越えてしまう様なケースもあります。

その他、家のどこかから猫が入り込んで子猫を生んでしまい、最悪な場合は死んでしまっていたりと悪臭で気付くというケースもあります。

子猫が死んで腐敗してしまっている様な場合、カビが発生したり、ハエなどの害虫が発生していることがほとんどなので、害虫駆除の必要も出てきます。

この場合は、猫の死骸の撤去と腐敗していた箇所の清掃、死臭の除菌、部屋の消臭、入り込んできた隙間を塞ぐなどの処理を依頼することができます。

この様な案件の場合、ケースバイケースではありますが、1日がかりで8万円から程度となります。

特殊清掃業者では、専門的な器機を使用して消臭するので、強烈なペット臭もきちんと消臭できるので、原状回復する際には特殊清掃業者に依頼することがオススメです。

ペット臭の消臭作業については、状況や部屋の広さなどによって異なりますが、大体二万円からの料金設定になっています。